2012年12月 3日 (月)

のっちとiPad miniに見る終焉の可能性

「新たなる船出か、終わりの始まりか」
         僕が始めてiPad miniを見た時、最初に思ったのはこんな言葉でした。
         恐らく誰もが求めいたであろう7インチ級のiPad。同時にそれはスティーブ・ジョブズがもっとも嫌っていたサイズでもあります。

       

» 続きを読む

2012年12月 2日 (日)

のっちと4K2Kプロジェクターの可能性

 先日のアバック主催、ホームシアター大商談会の続きです。
         一番気になっていたSONY以外からもネイティブ4K2Kのプロジェクターが登場するのかについて、聞いてきました。
         特にSONY以外で初めて家庭用プロジェクターにSXRDを搭載したモデルを発表している三菱の動向がどうなのかが気になっている所でした。
         結論から言うと、SONYが先を行き過ぎていて、他社が同列に並ぶにはまだもう少し時間が必要だそうです。

» 続きを読む

2012年11月25日 (日)

ホームシアター大商談会

昨日はアバックによるホームシアター大商談会へ参加してきました。       
東京近郊では恒例となり、
池袋サンシャインシティの文化会館、もしくはワールドインポートマートで開催されます。今回は11月23・24日にワールドインポートマート5階で開催です。         
ホームシアター大商談会の名が示す通り、主にオーディオビジュアルのビジュアル関連機器(プロジェクターやBDレコーダー、AVアンプなど)が中心の即売会と言った趣です。         
また関連機器を販売する各社がデモンストレーションを行う場でもあり、注目製品や発表したばかりの新製品をいち早く体験出来る場でもあります。         
特に各社のプロジェクターが一堂に会するシュートアウト(展示プロジェクターに同じ映像を流し、同時比較する)は、販売店では中々お目にかかれず、広い会場ならではのデモンストレーションです。人間の目はオートフィルターを搭載しているため、映像は同時比較でないと違いがよく分からないため貴重な機会と言えます。         
2日間開催なのはデモをするメーカーが多く、1日で全てを回ろうと思ったら昼食を抜いて参加しなければならないからです。また1日目のデモで得た経験を2日目にフィードバックする事もあり、2日目に行っても新しい発見があります。         

    
 

» 続きを読む

2012年4月15日 (日)

タイタニック3D

 かつての名作を新たな感動と共に――。
 それが今回鑑賞した【タイタニック3D】の第一印象。3Dもさることながらリマスターしたかのような映像美は、思い出の中で美化されつつあった当時の劇場の質感をも越えた物だった。

» 続きを読む

2012年3月29日 (木)

三菱のプロジェクターに望む事

 先日の記事について一部を訂正。    
 カタログをチェックした所、TSM-2201-LRのインピーダンスは4Ω。駆動力が高いSC-LX85と言えど、6Ωのスピーカーまでしか正式に対応していないのでは無理な部分は否めず。機会があればSC-LX85+TSM-2201-LRに外部パワーアンプを加えた構成で是非試聴してみたい所存。    
   
   
 先日の試聴ではマルチチャンネルサラウンドサウンドのバランスの難しさを改めて痛感したが、それ以外にも大きな収穫があった。    
 それは最新型プロジェクターの画質の凄さ。特に最新のアニメーションやCGを主体としたクリスピーな画質を要求する映画には特に相性が良いと言う事。

» 続きを読む

2012年3月14日 (水)

SC-LX85+TSM-2201-LR試聴会

 先日の土曜日(2012年03月11日)にアバック秋葉原店で行われた「SC-LX85 で鳴らす!TAD「TSM-2201-LR」4.1chサラウンド体験会」に参加した。目的は言うまでもなくTSM-2201-LRのサラウンドにおける音質確認である。    
   
 TSM-2201-LRはTADがTAD PROブランドで発表した、ニア・フィールド・モニター・スピーカーである。ニア・フィールド・モニターとは近接して聞く音質確認用スピーカーの事で、古参のオーディオマニアの間ではYAMAHAのNS-10Mが有名だろう。録音スタジオのミキシングコンソール(コンソール卓)の上に置いて使われる事が多く、録音の善し悪しを決める重要なスピーカーでもある。    
 元々TADはPioneerのプロ用モニタースピーカーのユニット製造から出発しており、30年以上もの歴史がある。ただ歴代のTAD(当時はEXCLUSIVE:エクスクルーシブ)スピーカーの中で、TSM-2201-LRほど小型の物は存在せず、画期的な製品とも言える。    
 音質はモニタースピーカーの名が示す通り、解像度が高く分解能に優れる。音楽的な音色を廃し、信号に含まれる音一つ一つの状態を正確に伝えてくる。言わば質実剛健な音。反面、音は固く、音楽を楽しめるような柔らかい音は出さない。遊びが少ないためリスナーによってはキツイ音と認識される場合もあるだろう。

» 続きを読む

2012年1月 1日 (日)

謹賀新年。

 あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします。   
   
   
 昨年は何をおいても東日本大震災があったため、日々の生活が何から何まで変わってしまったように感じました。   
 とりわけ計画停電の影響で、じっくり映画を楽しむ、なんて事は少なくなりましたし、何より大音響でドンパチの映画を楽しむというのがちょっと遠慮気味になっています。   
 例えば映画「2012」なんてのはちょっと見る気になりません。「ノウイング」ならまだしも。   
   
   

 

» 続きを読む

2011年11月30日 (水)

のっちとBDメディアの現状

 12月末のWOWOWで放送される寅さんシリーズをエアチェックするために、BDメディアを複数用意しました。   
 現在、HDD内に録り溜めている物も結構あるので、それを回避する意味もあるんですが、なるべくなら直焼きの方が品質が高いのは確かです。    
 これは複数のメディアで同じ番組を取り比べてみて確認しています。雑誌などで言及された1層BD-REへの直焼きが一番良いというの指標の一つで、それは状況により異なるようです。    
 ただメディアの品質、エラーレートの低さが再生品質の良さに繋がるのはお約束の様です。

 

 

 

» 続きを読む

2011年11月27日 (日)

のっちとホームシアター大商談会②

 昨日の報告では映像機器を中心に行いましたが、オーディオ関連でも大きな収穫がありました。それがPioneerの新型AVアンプSC-LX85です。   
 同LX83から音質の向上が目覚ましいと評判でしたが、今回のLX85はさらにそれを上回る全く別物の世界へと突入しようとしています。   
 LX85はその入り口を見せてくれたという印象で、使い込むとかなりの表現力が期待出来そうなのです。   
 PioneerのAVアンプシリーズはいまだトップエンドにSC-LX90が鎮座していますが、もしそのクラスが登場したらとんでもない事になるんじゃ無いかと期待が膨らむ一方でした。

 

 

» 続きを読む

2011年11月26日 (土)

のっちとホームシアター大商談会

 本日は好例となった、アバックが池袋で行う「ホームシアター大商談会(大商談会)」へ参加してきました。   
 最先端のホームシアター機材が集合し、その魅力をデモ。魅力的な価格設定で訪れた方に買ったもらおうというイベントです。    
 家電の中でもオーディオやA&Vに関する機材のデモイベントは、近年だと規模が縮小し、PCやスマホなどのデジタル情報機器に押されっぱなしの状態です。    
 そう言った中で、これだけの規模で行ってくれるイベントはとてもありがたく、また希少な機会でもあります。    
 出来る限り見逃す事が無いよう、あれやこれやとチェックしてきました。

 

 

 

» 続きを読む

«のっちとLVP-HC7800D